マーケティングオートメーションを用いることのメリット


マーケティングオートメーションを用いた自動集客

マーケティングオートメーションを用いることで、企業における営業活動を自動化することができ、多くの見込み客を短期間で集めることが実現していきます。顧客リストを元に、メールやFAXなどの送信手段を用いて、自社の商材やサービスの販促を行い、反響を得た相手から見込み客を絞りこんでいくのが、マーケティングオートメーションになります。

リードクオリフィケーションが重要

マーケティングオートメーションを成功に導くためには、反響をもらった相手から、購買意欲があるかどうかを絞りこみ、見込み客になり得るかを判断することが必要になります。リードクオリフィケーションと呼ばれる、見込客の選別ができなくては、自社の売上へと結びつけていくことが難しくなっていきます。旧来の営業手法では、営業マンの勘に頼る部分が多かった、見込み客の選別の部分を、どのようにシステム化していくことができるかが、マーケティングオートメーションが成功するかのポイントになります。

見込客の選別の具体的な進め方

マーケティングオートメーションを実践した結果、返ってきた反響に対して、見込客の選別を行なうリードクオリフィケーションには、アクセス手段に応じて、二種類のアプローチがあります。オンラインでアクセスをしてきた場合には、自社のサイトのどの部分に興味を持ったかを基準に、見込客になりえるかを判断します。オフラインでセミナーなどのイベントに参加する場合には、会場のブースなどで、何に対して興味を抱くかにより、自社の見込客になりえるかの判断を行っていきます。自動的に多くの反響を得ることができるマーケティングオートメーションですが、返ってきた反響の正しい分析ができなくては、売上に結びつけることは難しいのです。

マーケティングオートメーションは、顧客ひとりひとりの興味関心にあった情報をやり取りすることで、顧客との間に長期的な関係を築くことを目的としたプラットフォームのことです。